精神障害者ソフトバレーボール北海道・東北予選会 

平成29年5月27日(土)新青森総合運動公園(マエダアリーナ)にて、「第17回 全国障害者スポーツ大会 バレーボール競技(精神障害者の部) 北海道・東北ブロック予選会」が開催されましたので、その様子をお届けいたします。

 


 

 

 

 

 

 

 

受付の様子

 

今大会の開催にあたり、当院スタッフが事務局として、また、当院デイケアの利用者さま数名が青森県代表チーム「ワンダジー」の選手として参加しました。

試合はトーナメント形式・25ポイント制3セットマッチで行われ、2セット先取したチームの勝ちとなります。 会場のマエダアリーナのバレーコート2面を使用し、各チームによる熱戦が繰り広げられました。

 


 

 

 

 

 

いざ決勝戦開始!

 

 

 

 

 

 

決勝にふさわしく終始白熱したゲームとなりました(>_<)

 

前回16回大会で優勝した青森県「ワンダジー」は、今大会1回戦はシードで、2回戦から参加しました。 2回戦は宮城県チーム、決勝は岩手県チームと対戦し、いずれも2-0ストレート勝ちをおさめ、二連覇となりました。

 


 

 

 

 

 

選手の一挙手一投足に会場が釘付け!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロック成功!会場が大いに沸きました!

 

 

 

 

 

 

 

運営スタッフみんなで記念撮影 \(^o^)/

 

大会に参加した選手のみなさん、開催・運営に携わったスタッフのみなさん、お疲れ様でした。また、応援にお越しいただいたみなさん、ありがとうございました。 以上「精神障害者ソフト バレーボール北海道・東北予選会」の様子をお届けしました。

 

 

事務局・運営スタッフ一同

企画事業室

 

2017.6.13

TO TOPこのページのトップへ

その他の記事