栄養科 食命人レシピの日 (#^^#)

食命人とは「新鮮で安全・安心な旬県産食材を活かした健康な食事(=いのちを支える食)をつくる人」の事です

青森県主催の事業である「あおもり食命人」ですが、当法人の村上病院栄養科には「食命人」が3名おります。

3名の食名人が考案したレシピを法人で共有し、だしを活用して減塩でもおいしい食事を提供することを目的としています。

今回は第3回目です!11月22日(水)に実施しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

11月22日(水)【昼食メニュー】

①鮭の柚庵みそ焼き

②ごぼうのガーリックマヨサラダ

③とろろ昆布入り白かぶ甘酢漬け

④フルーツ(リンゴ)

 

今回のレシピポイント” 

①鮭の柚庵みそ焼き

・鮭の切り身に塩を少々振り掛けて10分ほど置き、出た水分をキッチンペーパーで軽く拭いてから焼くと魚の臭みが少なくなります。

・付け合せの焼き豆腐、椎茸を味噌と砂糖、酒、だし汁を合わせた汁で煮ます。

②ごぼうのガーリックマヨサラダ

・フライパンにニンニクとオリーブオイルを入れて、オリーブオイルにニンニクの香りがついたらベーコンとごぼうを加えて炒めます。その後、塩コショウ(あらびきがお勧めです)とマヨネーズで和えます。ニンニクとオリーブオイルの香りが食欲をそそります。

③とろろ昆布入り白かぶ甘酢漬け

・白かぶはいちょう切りにし、塩をもみ込んでしばらく置き、水気を絞って下さい。とろろ昆布は細かく切り、甘酢と合わせ1時間位漬けてください。

 

柚の香りやオリーブオイル、ニンニクを使う事で減塩でもおいしく召し上がれるレシピです

 

召し上がった患者さまからは、「柚の香りがいい」「かぶがさっぱりしていてよかった」「あまりないメニューなのでいい」とのうれしいお声を頂きました。ありがとうございます。

 

次回の「食命人」レシピの日は来年2月を予定しております。

 

2017.12.3

TO TOPこのページのトップへ

その他の記事