栄養科 食命人レシピの日 (#^^#)

食命人とは「新鮮で安全・安心な旬県産食材を活かした健康な食事(=いのちを支える食)をつくる人」の事です

青森県主催の事業である「あおもり食命人」ですが、当法人の村上病院栄養科には「食命人」が3名おります。

3名の食名人が考案したレシピを法人で共有し、だしを活用して減塩でもおいしい食事を提供することを目的としています。

今回は6月19日(火)昼食に開催しました(^o^)/

6月19日(火)【昼食メニュー】

①桜姫鳥の香草焼き

②豚肉と細竹とごぼうの含め煮

③サバ入り白菜盛り

④メロン

 

今回のレシピポイント” 

①桜姫鶏の香草焼き
・桜姫鶏は、鶏独自の臭みが少なく、ビタミンEが一般の鶏肉に比べて3倍以上含まれているという特徴があります。マジックソルトのみのシンプルな味付けにし、低温調理でじっくり焼き、軟らかく仕上げました。

②豚肉と細竹とごぼうの含め煮
・今が旬の細竹と県産のごぼうの素材の味を活かした味付けで調理しました。

③サバ入り白菜盛り
・ごま油のアクセントが効いたあんかけが、サバと白菜との相性がとてもよく、味わい深い絶妙な味になりました。

④メロン
・赤肉の美味しいメロンでした。

 

患者様から、「彩りが綺麗で食欲が増しました」「ちょうど良い味付けで、全て美味しかった」などの声が聞かれ、栄養科一同大変うれしい気持ちになりました。ありがとうございます!

 

次回の「食命人」レシピの日は8月を予定しております。

 
栄養科スタッフ一同
企画事業室

2018.7.3

TO TOPこのページのトップへ

その他の記事