横内市民センターまつり「作業療法体験 / 作品展示」2018

平成30年10月21日(日)横内市民センターまつりが開催され、当院から「作業療法体験 / 作品展示」で参加しましたので、その様子をお届けします。

 

「当院の取り組みを地域の方へ楽しみながら知っていただきたい」という想いと、「地域交流」を目的とし、昨年にひき続き今年も企画・実施しました!

 この日は横内市民センターまつり名物の餅つきやビンゴ大会(ハズレなし)でおおいに盛り上がっておりました!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

餅つきの様子 お餅はお汁粉・雑煮で参加者に無料提供されます(^^)

 

当院患者さまの作品展示と作業療法体験(革を使用したキーホルダーー作り)のコーナーですが、お子さまをはじめ、今年もたくさんの方々にご来場いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

当院患者さまの作品展示のコーナー

 

 

 

 

 

 

 

今年の作業療法体験は「革のキーホルダー」作成

 

ベースとなる革に好きな型やマークを打ちつけ、色を選んで塗り、ストラップを付けると、自分だけのオリジナルキーホルダーの完成です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成品の一例 使い込むと色が馴染み更に革の良さが出ます♪

 

 

 

 

 

 

 

みなさんオリジナルアクセサリー作りに没頭中ですね(^^)

 

 

 

 

 

 

 

当院マスコットキャラFUYONくんはどこに行っても大人気です(^^♪

 

今回の企画・実施に際し、多大なるご理解とご協力をいただきました、横内市民センターまつり実行委員会のみなさま、ありがとうございました!

ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました!

また、今回の企画・実施に携わったスタッフのみなさん、おつかれさまでした!そして、FUYONくんもありがと~(^^

 

以上「横内市民センターまつり作業療法体験/作品展示 2018」の様子をお届けしました。

 

企画事業室

 

2018.10.31

TO TOPこのページのトップへ

その他の記事