院長あいさつ・理念・概要・沿革

院長あいさつ

この度、院長に就任いたしました、村上拓也と申します。
私には、ロマンと願いがあります。

職員がやりがいを持てる職場環境であること。
患者様やご家族様に「感動」していただけるような病院であること。
青森の方々の心の健康に貢献し、少しでも発病を未然に防げるようになりたい。
そうした意味で、日本でも有数の充実した地域と病院になりたいのです。

地方だから、遅れているのではないか?それは違います。
自然環境の中にある病院だからこそ、いや、青森にある病院だからこその、強み(個性)だってあるはずです。また、「温かく」も「真剣に」心を込めた対応は、必ず相手の心に届くと信じています。
”満足”は期待通り、”感動”は期待以上。
心を込めた医療や接遇により、皆様に”感動”していただけるようになりたいのです。
そのためにも、職員一人一人がやりたいこと、ロマンを抱き、それを自己実現できるステージであらねばならない。そして、職員にも「ここで働くことの喜び」を感じていただけたら最高なのです。

私には、派手さはありません。地道にコツコツと、進みます。
「覇道」ではなく「王道」を歩みます。
地域の皆様のために、地道に歩み続けることが、芙蓉会病院の伝統と文化であります。
芙蓉会病院の職員一同、心ひとつに、今後も日々精進してまいります。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

芙蓉会病院 院長 村上拓也

理念

だれからも愛される病院をめざします。

基本方針

職員が誇りとやりがいを持てる病院にします。患者さん・家族にやさしい病院にします。地域に開かれた病院にします。

患者さんの権利の尊重

芙蓉会病院は以下に掲げる「患者さんの権利」を尊重いたします。

1.良質な医療を平等に受ける権利2.情報を知る権利3.自己決定の権利4.セカンドオピニオンを受ける権利5.秘密保持に関する権利6.診療情報の開示を求める権利7.退院請求・処遇に関する不服申し立てをする権利

病院憲章

私たちは、地域の人びとの健康を守るために次のような規範を定めます。

1.私たちは、患者さんを主人公として大切にします。2.私たちは、「笑顔」と「暖かい言葉」と「相手を想う心」をモットーにします。3.私たちは、病気を理解し、患者さんの社会的自立とよりよい療養生活に向けて共に努力します。4.私たちは、チーム医療を遂行し、良質で安全な医療の実践と医療環境の整備に努めます。5.私たちは、病気をわかりやすい言葉と方法で説明し、患者さんの納得のうえで治療をおこないます。6.私たちは、病気に対する偏見の解消に努め共に生きる社会を目指します。

倫理綱領

精神科病院の使命

私たちは、医の倫理に基づき、精神障害者の医療、福祉ならびに保護を行い、社会復帰を促進します。

医療の質の向上

私たちは、医療の質の向上に努め、全人的医療を目指します。

権利擁護とプライバシー保護

私たちは、病める人びとの権利の擁護と、プライバシーの保護に努めます。

安全管理の徹底

私たちは、病院医療にかかわるあらゆる安全管理に、最大の努力を払います。

地域社会との連携の推進

私たちは、地域の人びとにより良い医療を提供するために、地域の医療機関との緊密な連携に努めます。

概要

病院名 医療法人芙蓉会 芙蓉会病院
開設者 理事長 村上 惇
管理者 院 長 村上 拓也
病床数 精神病床354床(指定病床10床)療養病床53床
指 定 精神科救急医療システム指定病院
(精神保健及び精神障害者福祉に関する法律19条の8)

沿革

昭和39年12月 医療法人 芙蓉会設立
昭和43年10月 「三楽病院」開設
平成14年 6月 移転新築による「三楽病院」閉院
      7月 「芙蓉会病院」開設
平成18年 9月 公益財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価認定(Ver.5.0)
平成23年12月 公益財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価更新認定(Ver.6.0)
平成28年10月 公益財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価更新認定(3rdG:Ver.1.1)