「あおもり食命人」とは

県主催の事業であり「新鮮で安全・安心な旬の県産食材を活かした健康的な食事(=いのちを支える食)をつくる人」という意味の造語です。

村上病院栄養科には「あおもり食命人」が3名います。その食命人が考案したレシピの昼食を法人内施設全体で提供するのが「食命人レシピの日」です。

各施設の食命人の記事はこちら