「食命人レシピの日」を開催しました

「食命人」とは、
「新鮮で安全・安心な旬の県産食材を活かした
健康な食事(=いのちを支える食)をつくる人」 のことです。

青森県主催の事業である「あおもり食命人」ですが、
当法人の村上病院栄養科には「食命人」が3名います。

3名の食命人が考案したレシピの昼食を
法人内施設全体で提供するのが「食命人レシピの日」です。
だしを活用して減塩でもおいしい食事を提供することを目的としています。

今回は 2月22日(木)昼食 に開催しました。

【メニュー】
①せんべい汁
②長芋ともずくの酢の物
③ホウレン草と鯖缶の和え物

【今回のレシピポイント】
①せんべい汁
 ・風味豊かなごぼう、まいたけ、県産食材の五穀味鶏、だしは鰹と昆布だしを使って、
  素朴ながらも味わい深く煮込んでおります。

②長芋ともずくの酢の物
 ・長芋は食感を出すために、太目の繊切りにしてもずくと合わせております。

③ホウレン草と鯖缶の和え物
 ・えぐみが少なく甘みの強い寒じめホウレン草と旨みの詰まった鯖味噌缶を和えただけの簡単で
  美味しいレシピです。鯖味噌の味噌味だけで和えるので、塩分も控えることができます。

今回の青森県産食材を使った旬の食材や出汁を使ったメニューは、味付けが良く大変美味しいと
高評価でした。
次回は4月に開催予定です。
 

2018.2.28

TO TOPこのページのトップへ

その他の記事