短期入所(ショートステイ)

ご家庭での介護が困難になったとき、ご家族の身体的及び精神的負担の軽減を図るために一時的(1日~30日)にご利用いただけます。

たとえば (ご利用期間、1日~30日)

  • ご家族の一時的な介護負担軽減
  • 冠婚葬祭やご旅行などの一時的なお世話
  • ご自宅等での生活を長く続けるための日常生活動作リハビリテーション

リハビリテーション

利用者様の生きがいや、やりたいことなどをお聞きし、リハビリテーションの目標を明確にいたします。

目標にもとづき、理学療法士または作業療法士が身体機能の維持・向上や日常生活動作(ADL、IADL)の拡大を目指し、利用者様に合ったリハビリテーションを1回20分以上行います。

また、寝起きの動作や立ち上り、車椅子や歩行器・杖で安全に移動する、食事において安全に飲込むことなどの日常生活動作がすべてリハビリであると考え、理学療法士または作業療法士と介護職員が協働でプログラムを作成、利用者様に合せた生活リハビリ(日常生活動作トレーニング)を行います。

1日のスケジュール

時間 内容
6:00~ 起 床
7:00~ 朝 食・口腔ケア
9:00~ バイタルチェック・入浴
※午前と午後に分かれて入浴する場合があります。また利用者様の身体状況にあわせて一般浴と機械浴があり、それぞれ入浴介助します。
10:00~ 水分補給
11:30~ 嚥下体操
12:00~ 昼 食・口腔ケア
13:30~ 集団体操・レクリエーション・行事など
※利用者様が楽しんで参加できるよう春祭り、夏祭り、敬老会、クリスマス会の施設行事や毎月のお誕生会等を企画運営しています。
15:00~ おやつ・水分補給
18:00~ 夕 食・口腔ケア
21:00~ 消 灯

利用料金シミュレーション

「負担限度額認定」について

低所得の人には負担限度額が設けられます

低所得の人の施設利用時の食費・居住費、ショートステイの食費・滞在費が負担増とならないように、一定額以上は保険給付されます。低所得の人は所得に応じた負担限度額までを自己負担し、残りの基準費用額との差額分は介護保険から給付されます。

特定入所者介護サービス費

負担の軽減を受けるには申請が必要です。負担限度額認定申請書に必要事項を記入して介護保険課・各総合事務所に提出してください。

▼クリックで開閉します。

第4段階

多床室(4人部屋)

※1日の場合の概算です。

内容 適用 金額
介護認定区分
送迎加算
合計

従来型個室

※1日の場合の概算です。

内容 適用 金額
要介護度
送迎加算
合計


▼クリックで開閉します。

第3段階

多床室(4人部屋)

※1日の場合の概算です。

内容 適用 金額
介護認定区分
送迎加算
合計

従来型個室

※1日の場合の概算です。

内容 適用 金額
要介護度
送迎加算
合計


▼クリックで開閉します。

第2段階

多床室(4人部屋)

※1日の場合の概算です。

内容 適用 金額
介護認定区分
送迎加算
合計

従来型個室

※1日の場合の概算です。

内容 適用 金額
要介護度
送迎加算
合計


▼クリックで開閉します。

第1段階

多床室(4人部屋)

※1日の場合の概算です。

内容 適用 金額
介護認定区分
送迎加算
合計


(介護予防)短期入所療養介護(ショートステイ)利用料金表

▼クリックで開閉します。

1.介護保険給付の自己負担額

施設利用料(介護保険制度では、要介護認定による要介護の程度によって利用料が異なります。)

要介護の方の場合

従来型個室
  日額
要介護1 753円
要介護2 798円
要介護3 859円
要介護4 911円
要介護5 962円
多床室(4人部屋)
  日額
要介護1 826円
要介護2 874円
要介護3 935円
要介護4 986円
要介護5 1,039円

要支援の方の場合

従来型個室
  日額
要支援1 578円
要支援2 719円
多床室(4人部屋)
  日額
要支援1 611円
要支援2 765円

※自宅までの送迎代は片道184円となります。

▼クリックで開閉します。

2.介護保険給付以外の利用料

(1)食費、居住費

食費 料金
食費 1日につき 1,380円
居住費 料金
従来型個室 1日につき 1,640円
新個室 1日につき 2,000円
2人部屋 1日につき 750円
新2人部屋 1日につき 1,050円
多床室(4人部屋) 1日につき 370円

(2)介護保険負担限度額認定証をお持ちの方

食費及び居住費の料金が1日につき、次のとおりとなります。

  従来型個室 多床室 食費
第1段階 490円 0円 300円
第2段階 490円 370円 390円
第3段階 1,310円 370円 650円

(3)日用品費、教養娯楽費、洗濯代、理容代については別途自己負担。

詳しくは介護相談室まで

017-728-1166相談員まで

▼クリックで開閉します。

要介護度がまだ決定されていない方

1.申請

「介護保険」を利用する準備です。

ご利用を希望される方は、必ず「介護保険証」が必要となりますので、まずは「介護保険」利用の手続きを市区町村の担当窓口へ直接お申し込みください。
なお、当法人の「居宅介護支援センター芙蓉」にて申請を代行することもできますので、ご希望の方は下記までご連絡ください。

居宅介護支援センター芙蓉 TEL 017-738-7008

2.訪問調査

介護保険の「審査・判定」に必要な調査を実際に訪問して行います。
申請後、市区町村の職員または介護支援専門員が訪問し、心身の状況や日常生活動作について調査します。また、かかりつけ医から病気の状況などについて意見を求めます。

3.認定

介護認定審査会の審査をもとに、市区町村が認定を行います。

申請から認定まで、原則として30日以内に行われます。
「介護保険証」が後日、郵送されます。

4.サービス計画の作成

本人の状況と希望に即したサービス計画が作られます。

認定後、介護支援専門員が本人や家族の意見をふまえ、サービス計画を作成します。また、サービス提供事業者との調整を行います。
ここで設定されたサービス内容は定期的に見直されます。
サービス計画の作成に関して、利用者負担はありません。

5.サービスの開始

サービス計画に基づき、入所・通所などのサービスが受けられるようになります。

短期入所(ショートステイ)ご利用までの流れ

主な流れは以下のようになっております。

ご利用までの流れ

申込み書のダウンロード

申込書

PDF形式のファイルをご覧にいただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は“Get Adobe Reader”ボタンをクリックしてダウンロードしてください。

お問い合せ

詳しくは介護相談室まで

017-728-1166相談員まで