「食命人レシピの日」平成30年10月

「食命人」とは、食と健康に関する専門知識を学び、その知識を活かし
「新鮮で安全・安心な旬の県産食材を活かした
健康な食事(=いのちを支える食)をつくる人」 のことです。

青森県主催の事業である「あおもり食命人」ですが、
当法人の村上病院栄養科には「食命人」が3名います。

3名の食命人が考案したレシピの昼食を法人内施設全体で提供するのが
「食命人レシピの日」です。
だしを活用して減塩でもおいしい食事を提供することを目的としています。

メニュー

  • ご飯(青天の霹靂)
  • 鶏肉と秋野菜の煮物
  • 白かぶの卵炒め
  • 白菜とわかめのサラダジュレ
  • スチューベン

ご飯(青天の霹靂)

青森県のブランド米「青天の霹靂」の新米を使用。初めて食べたという方からも食べた事がある方からも「美味しい」という声が聞かれました。

鶏肉と秋野菜の煮物

鶏肉は青森県産の五穀味鶏を使用。それに食物繊維が豊富な秋野菜の根菜類(里芋、れんこん)やしめじを加えて、かつおと昆布でとった出汁と調味料で煮含めました。栄養豊富で食べごたえがある料理です。

※五穀味鶏とは・・飼料に5種類の穀物(とうもろこし、大豆、マイロ、玄米、ライ麦)を配合した専用飼料を給餌にし、コクと旨味がある鶏肉です。

※芙蓉会病院とニューライフ芙蓉は、青森県産の「桜姫鶏」を使用。

白かぶの卵炒め

今が旬のかぶを使用。薄切りにしたかぶを油と出汁で炒めます。しらすとかぶの葉や根も一緒に加え炒め、溶き卵を入れます。出汁と塩だけのシンプルな味付けで、食命人を感じる味でした。

白菜とわかめのサラダジュレ

白菜・人参・わかめ・コリンキーを合わせ、かつおと昆布でとった出汁と調理量で作ったジュレをかけ、その上に針生姜と白ゴマをのせました。

※コリンキー・・・カボチャの仲間。皮は軟らかく、果肉も適度な歯ざわりでカボチャの臭みも少なく、薄切りにすると皮ごと生のままサラダとして食べる事ができます。

スチューベン

青森県産の糖度の高さが魅力のスチューベンを使用。ぶどうは、活性酵素から身を守るポリフェノールが豊富です。また、有機酸やビタミンB1も含むため、免疫力の向上や疲労回復もできます。

 

今回は、秋が旬の食材を多く取り入れました。料理の彩りが綺麗で紅葉の時期とも重なり、みなさん秋を感じながら食べていらっしゃいました。

患者様・利用者様からの感想

芙蓉会病院

  • 色んな野菜が食べられて満足
  • 初めて食べる料理でよかった
  • ぶどうがおいしくて秋を感じた

村上病院

  • 出汁の風味が良く、主菜の肉が煮込まれていて、柔らかく食べやすかった
  • 他の献立についても、食べたことのない味付けで、とても美味しかった

ニューライフ芙蓉

  • 鶏肉と秋野菜の煮物は、レンコンは硬かったが肉は柔らかく、味もしっかり感じられた
  • かぶの卵炒めは、しらすの塩気で薄味には感じなかった
  • 白菜とわかめのサラダジュレは、たれがゼリーでおもしろい。ごま油がきいていて食べやすい

こはる

  • 新米なので米の色が白い
  • コリンキーがシャキシャキしておいしい
  • ジュレ(ドレッシング)は初めて食べる、おもしろい

SUN

  • 秋野菜の煮物の、五穀味鶏が美味しかった
  • 白かぶの卵炒めは、しらす干しとかつおだしがきいていて美味しかった
  • 白菜のサラダは白菜を生で食べたり、今まで食べたことのないコリンキーを使いジュレのドレッシングと生姜で美味しかった
  • 初めて青天の霹靂(新米)を食べました。美味しかったです

次回 12月実施予定

2018.10.30

TO TOPこのページのトップへ

その他の記事

現在募集しておりません

  • 臨床心理士
  • 心理士
  • 臨床工学技士
  • 診療放射線技師
  • 診療情報管理士
  • 歯科衛生士
  • 介護支援専門員
  • 作業療法士
  • 生活支援員
  • 理学療法士
  • 保健師
  • 管理栄養士
  • サービス提供責任者
  • 施設環境

医療法人 芙蓉会

病院

芙蓉会病院

村上病院

介護老人保健施設

ニューライフ芙蓉

住宅型有料老人ホーム

こはる

総合ケアセンター

総合ケアセンターさんらく