病院案内
看護部

看護部

看護理念

患者様や地域の人々とのかかわりを大切にし、思いやりのある質の高い看護を提供し、心から愛され、満足していただける病院を目指します。

看護部の目標

  • 患者様の権利を尊重し、豊かな人間性を養い、質の高い看護を提供します。
  • 患者様の立場に立った安全で確かな技術と安心を提供します。
  • 接遇の向上に努め、心あたたかい思いやりの看護を提供します。
  • 教育研究・研修の充実を図ります。
  • 健全で効率的な病院経営の参画をします。

基本方針

  • 専門職として幅広い知識と豊かな人間性を養い、質の高い看護ケアを提供する。
  • 看護・介護者として品位と誇りを持つ。
  • 患者様の立場になって、確かな技術と安心を提供する。
  • 看護部の組織の充実を図る。
  • 自己研鑽を積み重ね、専門的知識、技術の向上を目指す。

ごあいさつ

「地域に根ざした医療の提供」をモットーに

事故や感染のない安全で心地よい環境、そして患者様に寄り添い尊厳を尊重する気持ちを大切にした看護を第一としています。

また看護の質向上のためには、看護専門職としての、知識・技術・態度を身につける機会・環境を提供することで、人の生命・尊厳や権利を尊重し、思いやりのある人材を育成することが重要だと考えております、

育児支援やワークライフバランスの充実にむけて「お互い様」の心を持ちスタッフそれぞれのライフイベントを支援できる風土作りに取り組んでいます。

教育・研修

基本的な考え方

地域住民の需要に基づき、適正な医療を提供する病院の方針を受け、看護者はその役割と責任を十分に認識し「こころ」の通う看護を提供するために、個人の能力と質の向上をねらうものである。

  • 看護者個々のキャリア開発に役立てる。
  • 看護者の仕事の達成感を高め、患者の満足に繋げる。
  • 自立心を持った責任ある看護者の育成を目指す。
  • 看護者の実践能力を評価し、教育的サポートの基準にする。

教育体系

  • クリニカルラダーシステム(臨床実践能力習熟段階)
    臨床看護実践能力の評価基準をしめしたもので、独自に介護福祉士の評価基準作成し、実践能力の習熟度をⅠ~Ⅳの段階に分けている。
  • 継続教育
    1. (1)必須研修:
      1. ①新採用者研修:採用1年目から3年目まで(レベルⅠ、Ⅱ)
      2. ②中堅者研修:採用4年目から9年目まで(レベルⅢ)、採用10年目以上(レベルⅣ)
  • 専門教育
    1. (1)認定看護師等の支援

研修方法

  • 院内研修:必須研修
  • 院外研修:最新の医療・看護の知識・技術の習得や専門領域研修、マネジメント研修の機会を提供する。院外研修で得た知識・技術は院内研修(集合・分散)や業務改善などに反映させる。
  • 選択研修
    1. ①専門領域研修:県・各種団体などが主催する研修、認定看護師養成過程などの受講・養成を行う。

電話017-729-8888
住所〒030-0843 青森市浜田3丁目3-14
受付時間8:30~12:30(受付時間12:00まで)
13:30~17:00(受付時間16:30まで)
休診日土曜日・日曜日・祝日
8月13日・年末年始(12月31日~1月3日)
村上病院 写真