芙蓉会病院

tel017-738-2214 FAX 017-738-2249
芙蓉会病院外観

芙蓉会病院について

薬剤科

お薬の調剤。
情報提供をしています。

スタッフ 薬剤師、薬剤助手

当院では外来患者さんにはすべて院外処方せんを発行していますので、薬剤科は入院されている患者さんを中心に業務を行っています。

調剤・監査

医師が処方をパソコンに入力するとそのデータは薬剤科にすぐに送られます。

薬剤師は医師が処方した内容をまずパソコンの画面を見ながらお薬の量や飲む回数、お薬同士の飲み合わせなどをチェックします。問題なければ自動錠剤分包機や散薬監査システム、散薬分包機などの機械を使い調剤します。

調剤されたお薬は監査担当の薬剤師が処方通り出来上がっているか再度確認し出来上がります。

  • 処方審査の様子画面での処方監査
  • 自動錠剤分包機の様子自動錠剤分包機
  • 散薬分包機の様子散薬分包機

当院では安全・安心のため患者さんの服用時間ごとにお薬を一包化し、さらに患者さんのお名前や薬品名も印字しています。

また、注射薬は注射処方せんをもとに点滴するお薬の量や速さが適切かどうか、注射同士を混ぜると濁ったりしないかどうかなどチェックした後、患者さんごとに1日単位1実施ずつセットしています。

  • まとめて分包されたお薬の様子お薬の一包化
  • 注射薬の調剤をする様子注射薬の調剤
  • 注射薬のセット画像患者さんごとの注射セット

患者さんへのお薬の説明

薬剤師イメージイラスト

薬剤師の仕事は、お薬を作っただけでは完了しません。

そのお薬の効果や副作用を確認したり患者さんの疑問にお答えするため、病棟専任の薬剤師が患者さんとの面談を行っています。